フレシャス

人気急上昇中の「フレシャス」4つのこだわりを紹介

フレシャスとは

ウォーターサーバー「フレシャス」は、富士山から採水したバナジウム入りのナチュラルミネラルウォーターです。このバナジウム入りにこだわる人はフレシャスを選ぶようですね。バナジウムは、アサリやひじきなどに多く含まれていて、フレシャスのお水を飲むことによってダイエットや美容に最適だと思います!

4つのこだわり

水のこだわり

フレシャスウォーターは、富士山の標高1000メートルからくみあげたバナジウムとミネラルを豊富に含む天然水です。軟水で飲みやすく、ほんのりと感じる甘みはお水に酸素が溶け込んでいるから。溶存酸素は加熱処理により減少しますが、このお水は非加熱処理にこだわり、山道で飲む湧き水のようなおいしさを味わえます。

ウォーターサーバーのこだわり

無菌エアレスパックを採用しており、雑菌による品質低下の心配がありません。パックも軽量7リットルのため、女性にも簡単に取り付けられます。使い終わったら小さく畳んで捨てるだけなので、かさばることもありません。デザインは6色から選べるのも魅力です。

サービスのこだわり

ディスカウントシステムにより、最大140円引きの1パック960円からとリーズナブル。使えば使うほどボトル料金が安くなります。

価格のこだわり

サーバーレンタル料や配送料は無料、さらにメンテナンス料もかかりません。お水代だけで安心してずっと使うことが出来ます。

評判の理由

ウォーターサーバー フレシャスは、お水以外の代金は一切かかりません。サーバーレンタル・配送料・メンテナンス料は全て無料。配送は宅配業者を使用しているため、配達の日時指定、再配達まで可能です。

一番の特徴は、お水代がボリュームディスカウントシステム採用により、飲めば飲むほど安くなります。

スタート時は1パックあたり1100円から。61パック目から1030円、121パック目から960円となります。

パックのサイズは7リットル。これは女性でも設置しやすい重さです。また、飲み終わったウォーターパークはたったの53g。小さく畳めてかさばらず、簡単に捨てることが出来ます。ガロンボトルやペットボトルのように場所をとったりかさばることがありません。

ウォーターサーバーから出る冷水は、お水が一番美味しく感じる5度前後に設定されています。熱湯はコーヒーやお茶、カップラーメンも作れる90度前後に設定されており、冷たいお水と熱いお湯がいつでも使えるのが嬉しいですね。

口コミ

天然水フレシャスは、「おいしい」「飲みやすい」だけでなく「ワンウェイで後始末が楽なのがいい」、「赤ちゃんのミルクにも使えて安心」という声が多く聞かれます。

放射性物質の影響で、小さいお子さんのいる家庭では特に安心安全なお水への関心が高まっていますが、その点においてもフレシャスは高く評価されているようです。

プロスポーツ選手も愛用

埼玉西武ライオンズの選手もフレシャスの愛飲者で、「すごく飲みやすくて身体に染み渡っていく感じ」と感想を寄せています。体が資本のスポーツ選手は厳しい体調管理をされているものですが、フレシャスウォーターは、そんなプロスポーツ選手も太鼓判を押す信頼のミネラルウォーターです。

1日2リットルものお水を飲むファッションモデルも愛用

モデルのA・Kさんもその一人で、毎日たっぷりのフレシャスウォーターを飲むようにしてから体質が改善されただけでなく、肌質も綺麗になったのだとか。代謝も上がり、ベスト体重をキープ出来るようになったそうです。

放射能・赤ちゃんへの影響

フレシャスは、放射性物質の影響を受けておりません。フレシャスのお水は富士山標高1000メートル地点にある採水地から麓地下273メートルより伏流水を採水しています。

富士山の伏流水とは、地表の水が数十年~数百年の年月をかけてゆっくりと研ぎ澄まされたものであり、万が一地表の水が放射性物質に汚染されても、その影響を受けることはないと考えられます。

採水地は福島第一原発から350キロ以上離れていることを考えても放射能の影響を受けることは考えにくいものです。また、専門機関がお水を分析した結果、放射性物質は検出されませんでした。

赤ちゃんにも安心

フレシャスウォーターは軟水のため、赤ちゃんのミルクを作るためのお水としても安心して使用することが出来ます。「乳児の粉ミルクにはミネラルウォーターを使用しないように」と言われますが、これは硬水のミネラルウォーターのことをさしているのです。ミルクを作る際に使用するほか、白湯としてもたっぷり飲んでもらいたいお水です。

http://www.tailor-fukuoka.com/