メリット・デメリットについて

ウォーターサーバーを設置した時のメリットとデメリットを紹介

メリットってあるの?

まず挙げられるのは、「簡単、安全、美味しい」ということでしょう。

数多くの会社がありますが、基本的にウォーターサーバーは各会社からレンタルされるものです。設置から何まで企業側がしっかりとやってくれるます。筒状の大きなボトルに入ったミネラルウォーターが減ってきた場合も業者の方がきちんと自宅まで届けてくれるので楽チンです!

次に安全面や味の品質ですが、どの製品も衛生面、使用感がとても優れていることです。私も実際に何度か口にした事があるのですが、ペットボトルのように注ぎ口が空気に触れないのでバイキンの心配はなし!

サーバー自体で、常に安全で新鮮なお水を提供出来るシステムになっているのも嬉しいですよね。ウォーターサーバーは通常8℃前後の冷たい水を美味しく飲む事が出来るんですが、同時に90℃ほどの熱湯も利用出来ます。暑い夏にごくごくとひんやりとした水を楽しむ事も出来るし、カップラーメンや料理にも素早くお湯を使えるなんて、とても便利です。

そして何といっても、今までのようにゴミがでない事も大きな利点だと思います。ペットボトルを購入していた場合、沢山の廃棄処理に困らされた経験もあるのではないでしょうか。特に今の季節は開封後必ず冷蔵庫に入れなくてはならないため、手間もかかりますよね。ですがこのウォーターサーバーがあれば何の苦労も要りません!

設置、取り替え、撤去と全て業者さんがしてくれるので、あなたは美味しいお水やお湯を常に美味しく楽しむだけで良いのです。

デメリットってあるの?

ウォーターサーバーは、今や企業のみならず沢山のご家庭にも手軽に安全に利用している方が大勢います。その数なんと数十万件ですし、現在も凄まじい勢いで増えているそうなので、もしかしたらあなたも検討されているところかもしれません。

「安心、安全、衛生面もばっちりで、節電も出来てとっても美味しい!」と、多くのレンタル会社で発表されていますが、実はこのウォーターサーバーにもデメリットがあるのです。

一見とても便利そうな製品ですし、これだけの普及率を考えればメリットだらけに思えます。しかし、どんなに良いものにでも、ちょっとした落とし穴があるものです。それを検証していきましょう。

まず挙げられるのは、電気代が少なからず掛かる事です。国内で最大の人気を誇るアクアクララやクリクラ、コスモウォーターなどがありますが、そのどれもが月々に1000円程度の電気代がかかります。

これは衛生面を保つ為にボトルに入ったミネラルウォーターの土台である機械が使用することや80~90℃の熱湯を利用できることが考えられますので、どうしても必要不可欠な出費です。しかし今はどこも節電対策の話しばかりで、家庭の中でも悩む部分かと思います。

そこで最近注目されているのが「Mizの樹」のウォーターサーバーです。なんと月間90円という超格安な電気代で、他社に負けない味と品質を提供していますので、ぜひご存じなかった方は気に掛けてみると良いかもしれません。

次に気になるのは、ボトルが結構な場所を必要とするという事。これはご自宅の大きさにもよりますが、お料理などに使う方もいるため多くの方は台所周りにウォーターサーバーを設置するようです。

また、ペットボトルのように直に口をつける事はないし、製品としてとても管理の行き届いたものなのですが、どうしても雑菌というのは湧いてしまいます。ですが、自分で中々掃除は出来ないですよね。幸いなことに多くのウォーターサーバーのレンタル会社の方で、きちんと無料で点検もしてくれますから、どんどん活用して常に綺麗に心がけておくと良いでしょう。

まとめ

ここまで幾つかのメリットとデメリットを挙げてきましたが、それでも次々にウォーターサーバーを利用する方が増えているのには、やはりデメリットを越えるメリットがあるからだと思います。実際、設置からボトルの交換、クリーンサービスまで無料でみてくれるサーバー会社ばかりですし、節電対策もしっかりした企業も増えていますから、気軽に試してみるのも良いかもしれません。